沿革

 

HIRSTORY

レールバイクは深澳支線の八斗子駅・深澳駅間を走ります。日本統治時代は軌間762mmの軽便鉄路であることから「五分仔車」とも呼ばれ、船積みする砂糖、塩、石炭を港まで運ぶために使われました。かつて一時の栄光を誇ったこの支線の繁栄ぶりは、平渓線さえしのぐものでした。鉱脈が尽き、石炭産出量が減ると、1989年に客運、貨物運輸も全面的に廃止され、瑞芳駅から深澳火力発電所までの区間のみが石炭運搬用に残されましたが、2007年に発電所が廃止され、石炭を運搬する必要がなくなると、廃線になりました。産業の発展により開通し、また産業の消失により廃止された深澳支線は、2014年の国立海洋科学博物館オープンと同時に運行を再開しました。八斗子駅も2016年に運営を再開しました。

 

レールバイクの八斗子区間は八斗子駅に隣接します。八斗子駅は台湾で海に最も近い駅であり、高くなった乗降場から太平洋が見え、海と空青一色の風景を楽しむことができます。さらに、乗降場が基隆市と新北市に跨り、国内で唯一「二都市に跨る駅」であることを大きな特色とし、片方の足で新北市に、もう片方の足で基隆市に立つことができます。周辺には海洋科学博物館、深澳漁港、潮境公園等の名所があります。もう一端の深澳区間は深澳駅遺跡、象鼻岩、深澳漁港が近辺にあり、瑞芳、九份等の観光名所へ向かうことができます。

Badouzi

八斗子駅

基隆市と新北市に跨る八斗子駅は、山を背に海に臨み、海と空青一色の風景がすばらしいことから、「台湾北部の多良駅」と呼ばれます。深澳線はかつて「台湾で最も美しい海岸支線」として推薦されました。その歴史は日本統治時代の1935年に遡り、金瓜石で採掘された鉱物を運搬するために、当時の日本礦業株式会社により軽便鉄道が建設されました。その翌年、深澳、八斗子を経由して八尺門まで延線され、「金瓜石線」と命名されました。1962年、台湾金属鑛業股份有限公司の財政難により、初の運行停止が決定されました。

Ecology

生態

望海巷海洋保育区は、かつてごみ埋立場であったうえ、漁民により乱獲が行われ、捨てられた漁網やごみで生態環境が覆われてしまいました。2016年、ここに望海巷潮境海湾資源保育区が設立され、漁が禁止され、廃棄物除去が始まりました。また、海洋科学博物館の「クマノミ及びサンゴ復育計画」が、「海に親しむ、海を大切する、海を維持する」の理念をもとに進められ、ここに海の秘密の庭ができました。水面はサファイヤブルーの波がうねり、水中は一面彩り豊かで、色鮮やかなソフトコーラルや大型のウミウチワが見られます。サンゴ礁の中にも美しい生物がたくさん生息します。ここはベテランダイバーのパラダイスでもあります。

colliery

建基炭鉱

山腹に当時の従業員宿舎が残っています。かつては坑夫とその家族が住んでいました。閉坑後も少数の住民がここに住みました。途中通過する古い建物は、当時の石炭荷卸し場で、1956年の運営開始の翌年、台湾電力社により採掘場横に深澳火力発電所が設立されました。かつては東南アジア最大の火力発電所として、台湾の経済大飛躍の時代を歩み、エネルギー危機に見舞われた1970年代の台湾を支えました。しかし、ユニットが旧式であったため、発電時に大気汚染物が発生してエコの理念に反するとして、47年の運営を経て2007年に退役しました。海底炭鉱を特色とする建基炭鉱は、台湾の炭鉱業発展史の重要な構成要素です。

 

マスコット

 

mascot

深澳の自然の名物である豆腐岩、象鼻岩、山景色から生まれたお茶目なマスコットの豆腐君、象鼻君、山野君です。

豆腐君

活発で温かい心の持ち主

傷つきやすく

やや過度のきれい好き

怒ると臭豆腐になります

 

口癖は

「僕は角砂糖じゃなくて豆腐だよ」

象鼻君

はにかみやで

観察が得意

海を愛し、海を守る

夢はエコの戦士になること

 

口癖:

深澳の海岸で愛を呼び寄せよう

山野君

口数が少ない孤独者

頼りになる使い走り君

趣味は宝探し

誰も知らない秘密を持っています

 

口癖:

山よりも海よりも僕を頼ってよ

 

車体概要

 

DESIGN

  1. 安心できる乗車
    • 145cm以上の子供は自分でこぐことができます
    • 65歳以上の女性は自分でこぐことができます
    • 置き物かご、シートベルト、ブレーキ、衝突防止装置、連結リングが付いています
  2. 便利な機能
    • 将来沿線ガイド装置を配置します
    • 乗客の写真を撮影するために、沿線にカメラを設置しています
  3. 個性的な外観
    • 車体はフグの形を採用し、沿線の海のテーマとマッチさせました
    • 4色使用:ペールブルー、ピンク、グリーン、イエローの流線形車両です
スマート安全距離警告

走行中の車間距離を検知します。後方の車が近づいてくると、「引き続き前進」、或いは「前方に車あり」等、警告を発して注意を促します。

自動転車装置

両方の乗降場にターンテーブルを設置し、終点まで来たら逆向きに方向転換させることで、レールバイクの使用頻度を向上しています。

緊急通報・通話システム

レールバイクには緊急ベルと通話機が付いています。緊急事態が発生した場合、いつでもボタンを押して即係員と通話し、事故の処理を依頼してください。

自動音声ガイド

まもなくレールの傍らに音声ガイドシステムの発信機を設置します。あるスポットまでこぎ進んだことをセンサーが感知すると、乗客が持っているガイド機から音声ガイドが流れます。